トップ > 定期購読 > 【定期購読2022年度】保育ナビ(11月号〜3月号までの5ヶ月分)

【定期購読2022年度】保育ナビ(11月号〜3月号までの5ヶ月分)

商品コード : teiki2022_Navi
価格 : 5,500円(税込)
数量
 

何冊頼んでも、同一お届け先なら送料は240円/月です。
ご注文時の送料は、240円(税込)×お届け月の数で計算されます。

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
フレーベル館主催 セミナー・研修のご案内

月刊誌定期購読 保育ナビ

保育ナビ :「理事長」「園長」「副園長」「主任」など、園をマネージメントする人やこれから園のリーダーを目指す人をサポートする月刊保育誌

保育ナビは、創刊13周年
忙しい先生方からも好評!魅力的なテーマと執筆陣、欲しい情報がコンパクトにまとまっていると、
忙しい先生方からも好評をいただいています。

保育ナビは、読者のみなさまをサポートします。 人材育成 国の動き 園経営 保育内容

激動の時代、国の動き・保育界の動きをしっかりキャッチ!!予測不能な変革の時代を迎え、園のリーダーにはますます学び続ける姿勢が求められます。そこで『保育ナビ』。これからも時代をしっかりキャッチしてお届けします。2021年度各月号は、姉妹サイトつばめのおうちでご購入いただけます。

2022年度 保育ナビの特長
人材育成 わいわい語り場現場発の課題を取り上げ、解決のヒントを提案します! 幼稚園/保育所/認定こども園、公立/私立など、様々な立場から
  園長・副園長・主任などのリーダーが参加。
日々直面する悩みや解決に向けた取り組みを率直に開示します。
全国の園の実態をよく知る 大豆生田啓友先生(玉川大学)が、
  直接は聞きづらい、言いづらい課題に切り込みます。
大豆生田啓友先生ほか

実況中継 密着・園内研修(仮) 具体的な園内研修の方法を紹介します。
「時間がない」「職員に余裕がない」、という状況の中で、どう進めるか。
成果を上げた園や現在取り組み中の園を取り上げます。
矢藤誠慈郎先生

始めよう 子どもの姿ベースの指導計画 子ども主体の保育へのチャレンジを始めた園の指導計画を紹介。
話し合いの時間をつくった、記録の形式を変えた等、具体的にお伝えします。
大豆生田啓友先生ほか子どもの姿ベースの保育を推進する先生方がコーナーを担当します。

「保育ナビ」は12名の編集委員のサポートで作っています秋田喜代美
(学習院大学)
網野武博
(現代福祉マインド 
研究所)
大方美香
(大阪総合保育大学)
大澤力
(東京家政大学)
大日向雅美
(恵泉女学園大学)
大豆生田啓友
(玉川大学)
小林紀子
(青山学院大学 
 名誉教授)
汐見稔幸
(東京大学名誉教授)
増田まゆみ
(湘南ケアアンド 
エデュケーション
 研究所)
無藤隆
(白梅学園大学 
 名誉教授)
師岡章
(白梅学園大学)
矢藤誠慈郎
(和洋女子大学)

連載テーマと執筆陣
タイトル 執筆者 内容
カラーページ フレーベルのことば 汐見稔幸、小西貴士 フレーベルのことばを紐解き、子ども理解を深めていきます
保育 悩みのタネ 保育ナビ編集委員 園のリーダー層が抱える保育の様々な悩みに編集委員が応えます
保育ナビらじお 大豆生田啓友、小西貴士 心がほっとする“耳で聴く”エッセイ
私の園の自慢の給食 一般公募 カラーになってさらにパワーアップ。全国の園の給食をご紹介します
遊びが育つ保育
保育者が提案するクラス活動と遊び
河邉貴子、田代幸子 子ども主体の保育で、なぜ保育者が提案するクラス活動が必要か解説します
0・1・2歳児の保育のきほん
〜こころの育ち編〜
井桁容子 「0・1・2歳児の保育のきほん」をもとに、こころの育ちを丁寧に読み解きます
子どもと保育を思う日々から 無藤 隆 日々思索をめぐらす無藤先生による、子どもや保育をめぐるエッセイ
国の動き 国の動きを読む!
研究者の目2022
大方美香、矢藤誠慈郎 文部科学省・内閣府・厚生労働省の動向と押さえておきたいポイントを解説
地域別
持続可能な園になるために2022
全国の自治体 幼児教育・保育の質の維持・向上に向けて、日本全国の魅力的な取り組みを紹介
園経営 コンサルタントが読み解く
新時代の園経営
桑戸真二、大嶽広展 経営コンサルタントが、園経営において実践すべき12 のヒントを紹介
保育園
新米園長が、園長の仕事を考える
柴田直美 新米園長が日々の仕事を振り返り、園経営の視点から「園長の役割」を考えます
その「前提」は正しいですか?
園内研修で取り組む園の危機管理
脇 貴志 思い込みをなくし危機管理の本質を見極めるための方法を紹介します
人材育成 人材育成
わいわい語り場
大豆生田啓友 リーダーの大きな悩み、人材について、本音座談会でヒントを探ります
【3か月ごと】
倉橋惣三が描く子どもにふれる
現代の保育実践を通して
深める倉橋のことば
久保健太、溝口義朗 倉橋惣三の目指した保育について考え、その現代的な意義を読み解きます
【3か月ごと】
ここがすごい!
日本の保育 
秋田喜代美 実際の園事例を紹介しながら、日本の保育者がもつ強みを確認していきます
【3か月ごと】
SDGsと保育を結ぶ
サスティナブルな園のデザインを考える
               (仮)
              
小西貴士ほか 保育現場におけるSDGs(持続可能な開発目標)につながる取り組みを紹介します
保育内容 共に楽しく! 共に橋を架けよう!
ステップアップ 小学校との接続
無藤 隆、寳來生志子 様々な事例から、小学校との接続を充実・発展させるヒントを紹介します
基礎研究から学ぶ 赤ちゃん学 テーマを専門とする研究者 赤ちゃん学の基礎研究から、子どもたちをさらに深く理解するためのヒントをお届けします
始めよう
子どもの姿ベースの計画
大豆生田啓友、眦莊併辧
三谷大紀、松山洋平
子どもの姿をベースにした計画の作成の仕方、その考え方について紹介します
【年6回】
保育、そこが知りたい
全国の園の中からテーマに沿って選定 保育の質向上のための、ちょっと気になる他園の取り組みを紹介します
【年3回】
子どもとつくる 対話でつくる
保育のすすめ
青山 誠 子どもたちとつくるミーティングについて、事例からポイントを探ります。
【年3回】
実況中継 密着・園内研修(仮)
矢藤誠慈郎 時間や余裕がないなかで園内研修をどう進めるか。成果を上げた園や現在取り組み中の園を取り上げます
【年6回】
注目! 保育の最新研究・調査
全国の研究者 全国の研究者が、保育にかかわる最新の研究や調査について解説します
歯医者さんが教える!
口の発達と健康
藤原康生 生涯の健康にもつながる口腔ケアについて現役歯科医にお話をうかがいます
『保育ナビ』は創刊以来、国の動きを捉え、保育界のニーズに対応してきました。保育界激動の時代を読者の皆様と歩んできた、その一部をご紹介します。
国の動きを読む!研究者の目
子ども・子育て関連3法定制定(8月)
子ども・子育て支援法
認定こども園法の一部改正
子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関連法律の整備等に関する法
子ども・子育て支援新制度開始(4月)
2012年制定の「子ども・子育て関連3法」に基づく制度
量と質の両面から子育てを社会全体で支える仕組みに
3法令改訂(定)告示(3月)
幼稚園教育要領
保育所保育指針
幼保連携型認定こども園教育・保育要領

学習指導要領改訂
3法令実施(4月)
幼稚園教育要領
保育所保育指針
幼保連携型認定こども園教育・保育要領
新しい指針・要領を保育の実践に乳児から幼児、育ちを見通した保育へ−「10の姿」の理解に向けて−
地域別持続可能な園になるために2020特別編
コロナ禍における保育現場の取り組み−ピンチから生まれた様々な工夫
新型コロナウイルスへの対応から検証する今、そして今後の保育の本質を思考する
国の動きを読む!研究者の目2021

『保育ナビ』年間購読者の皆様へ! メールマガジン「保育ナビ倶楽部」へ ぜひご入会ください(無料・要登録)フレーベル館保育経営アドバイザーの桑戸真二先生監修による園経営に役立つ情報などを配信。
『保育ナビ』の連載と連動した保育に役立つ解説動画をお届けします。
「国の動きは?」「特集の内容は?」「今月の記事は何があるの?」など、気になる内容を見出しでお知らせ。
これからの保育に役立つ保育図書の新刊、保育のセミナー、新製品などの情報をお届けします。

井桁容子先生による乳児保育の解説動画2021年度『保育ナビ』の連載「0・1・2歳児の保育のきほん」に
基づいて制作した、 井桁容子先生(乳幼児教育実践研究家)による
乳幼児保育の解説動画をご視聴いただけます。
動画内に“ワークタイム”を設けていますので、研修にもぜひご活用ください!
井桁容子先生

お客様の声
【人材育成】
・リーダーとしてどのようにしていけば良いかが、わかりやすく書かれている
・主任としての職員育成に役立つ
・若い先生が増え、指導していてなかなか浸透しないのでヒントがないかと読んでいる
・組織の成果を上げるために職員と共有し、質の向上を目指して行きます
・職員に全部のコーナーを読むように勧めている


【国経営】
・時代の変革期なので園長の役割を謙虚に把握して、園に取り入れる必要を感じている
・園運営の方針案づくりに参考にしている


【保育内容】
・保育の原点を見つめ直す時間となっています
・保育環境についての見直しや保育の振り返りに活かしている
・どのように遊びの援助や環境設定をすればよいのか、わかりやすく書かれている
・コロナ禍の中での戸外環境と遊びについて学んでいる


【乳児保育】
・コンパクトに要点がまとまり、保育指導に活かしやすい
・基本はとても大事、職員全体で勉強しています
・0、1、2歳について書かれている雑誌は少ないので、参考になる


【園内研修】
・最新の保育を取り巻く状況や環境、遊びがテーマとなっているものを資料として活用
・回覧で情報共有し、共通理解を深めています
・記事をコピーして回覧し、それをもとに話し合いをしている
・保育の質向上に向け、10の姿や子どもの自主性を育むために、どのような保育が大切なのか等、職員全体で共通理解する
 のに活用している
 

ほかにも役立つ連載がたくさん!園の将来を考えるためのヒントがあります。 本誌といっしょに、ぜひこちらの記事もご覧ください。
(『保育ナビ』公式サイトへリンク)

https://www.hoiku-navigation.com/
保育最新情報や新刊書籍などのお役立ち情報を提供しています。


保育園・幼稚園の管理職の先生方に支持されています
 月刊誌定期購読 
 園のリーダーのために
 保育ナビ
 定価1,100円(税込)/月
 B5判 80ページ

 園をマネジメントする人やこれから園のリーダーを目指す人をサポートする月刊保育雑誌です。
 園内研修にも使えます。
 園の未来予想図を描くために、ぜひお役立てください!

 ○ 読者・保育関係者へのヒアリング調査による企画立案 ※1
 ○ 3法令完全対応!現場におろすための情報掲載
 ○ 園の課題解決に役立つ連載コーナー
 ○ バラエティーに富んだテーマで特集を強化!
  ※1)園長・主任層、保育研究者を対象としたヒアリング結果に基づいています。

保育ナビのバックナンバーは、姉妹サイトで販売しています
バックナンバーは、つばめのおうちへ4月号 5月号 6月号 7月号 8月号9月号10月号11月号12月号 1月号 2月号3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号9月号10月号11月号12月号 1月号 2月号3月号

必ずお読みください
 ・お届けは、3月号までです。(「幼児の教育」は、冬号まで)
 ・お支払金額は、以下のとおり計算されます。
  (本の料金×お届け月数)+(送料240円×お届け月数)
   例:「キンダーブック1」定期購読お申し込み 4月号開始の場合
     (400円(税込)×12ヶ月)+(240円(税込)×12ヶ月)
「おうちでキンダーブック」は、お届け先が同じなら、何種類申し込んでも、送料は毎月240円しかかかりません!


フレーベル館のオンラインショップ/つばめのおうち【通販・ショッピング】



 保育ナビ4月号 保育ナビ5月号 保育ナビ6月号 保育ナビ7月号 保育ナビ8月号 保育ナビ9月号 保育ナビ10月号 保育ナビ11月号 保育ナビ12月号 保育ナビ1月号 保育ナビ2月号 保育ナビ3月号 保育ナビ4月号 保育ナビ5月号 保育ナビ6月号 保育ナビ7月号 保育ナビ8月号 保育ナビ9月号

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
※レビューがページに反映されるまでにお時間がかかります。
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。







商品のご案内 お買いもの 会員サービスおうちでキンダーブックは、株式会社フレーベル館が運営する、定期購読のお申し込み受付サイトです。
- ラインナップ(年齢、テーマ別)
- フレーベル館の月刊絵本の歴史
- キンダーブックとは?
- しぜん-キンダーブックとは?
- おはなし絵本とは?
- お客様の声  - 当店舗を知ったきっかけ
- ご購読の組み合わせ例
- ご利用ガイド
- よくいただくお問い合わせ(FAQ)
- ギフトとしてのご利用
- information
(姉妹サイト「つばめのおうち」に遷移します)
- 会員登録/修正
- ログイン/ログアウト
- 注文照会
- ポイント照会
会社紹介  |   個人情報保護ポリシー  |  特定商取引法表示  |  お問い合わせサイト内の画像、写真、動画、文章等の無断でのコピー、複製、転載を禁止します。
COPYRIGHT © フレーベル館定期購読サイト おうちでキンダーブック All Rights Reserved.
フレーベル館 その他のサイト オンラインショップつばめのおうち
  おうちでキンダーブックの姉妹サイト。
  教材やギフト、保育用品をご注文いただけます。
  キンダーブック等のバックナンバーも販売しております。
フレーベル館コーポレートサイト 
  株式会社フレーベル館のサイトです。
キンダーネット
  保育園様・幼稚園様向けに月刊誌情報を
  毎月お届けしています。
株式会社フレーベル館 オンラインショップ公式facebook

プライバシーマーク制度について(JIPDECのサイトへ)